第32回 産経国際書展 新春展に行ってきた

image2

いきなりですが印刷すると無料で入場できます

最初に大事な事をお伝えしますね。

新春書展は500円の有料展示です。

しかし、運営サイトで入場券を印刷して持って行くだけで入場無料です。

第32回新春展 招待券 – 産経国際書会

しかも、画像はコピーできるので、このようにコピペもできてしまいます。

(以下をコピーしても大丈夫ということになるんですけどね。)

31回新春展

書会幹部作品と公募作品あわせて714点

2016年1月20日(水)~2月1日(月)、東京・六本木の国立新美術館で行われています。

公募部門「新春展Ⅱ」385点で出品料は2万円とのこと(通常の産経展13000円)

現代文の書作品をピックアップ

和様の教室としてはいつも現代文をピックアップするので、今回も同様にしてみました。

049  051 052 053 006 007 008 009 011 013 014 015 016 017 018 019 021 024 028 029022 023 050 027 032 036  031 035 030 037 038 039 040 041 042 043 044 045

現代文としては、先日行った独立書展(毎日系)と比べると、いろいろと傾向など見えてきます。

 

現代文では、よりカジュアルなのが産経かなと思います。

現代文自体が、書道では唯一の未開拓分野なので仕方ないのですが

産経の現代文は、全方位が傾向に見えました。

逆に、傾向が定まってないとも言えるので、派閥色がどの程度あるか謎ですが

登竜門には良いのかなと。

落款印を切り取って貼っている作品

image3

展示作品に落款印を切り取って貼ってあるものを発見しました。

(落款印を失敗して押し直しかな?落款印の周りに切り取った後が見えます)

「2度書き禁止」と教えられた記憶のある人も多いと思いますが、大人部門はゆるいです。

書展が「作品を魅せる場」ではなく、「審査結果の発表の場」である傾向は根強いですね。

作品を購入する側からしたら、2度書きはわからないけど、これは気づかれますよね。

審査に落ちた人からすると、ちょっと悲しいかもしれませんね。


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。