• HOME
  • 学校では教えない!書道教室開業で必要な事まとめ【22000ビュー超】

学校では教えない!書道教室開業で必要な事まとめ【22000ビュー超】

※最後にアンケートがあります、良かったご回答ください。

「得意な書道を活かしたい!」←ここから脱却

はじめまして!「うどよし書道教室」代表 うどよし です。
「うどよし書道教室」は、「筆記体禁止」「楷書禁止」「日本語を書く」という新しいコンセプトで始めた書道教室です。
従来の書道団体からは「書道で最も儲かる部分を捨ててどうするの?」というくらい無謀に見えるチャレンジでしたが、東日本大震災、コロナの大打撃を受けつつも、なんとか10年持ちこたえております。
ここでは、私が開業で実践したことの一部を紹介したいと思います。

「芸術で食う」なら書道が一番オイシイ

書道業界にいると全然見えませんが、「書道」は他芸術分野から見て「めちゃくちゃオイシイ」ジャンルです。
まず、「書道」は美大トップ層の東京芸術大学、
愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学等にありません。(明治時代にいろいろあった)
一方、日本最高峰の公募展「日展」応募数の70%以上は書道という美術展示市場では圧倒的な人気です。
公募展に出すのは、ほぼアマチュアなので、アマチュア≒習いたい人がたくさんいるということです。
これが、芸術分野の中で「書道で食っていく」ことが、最もカンタンな背景です。
それでも上手くいかない人が多いのは、芸大にないことなど独立するまでの競争や意識が低いのだと思います。
もし、主要芸大に書道科ができたり、この状況が芸大出身者に知り渡ると書道に算入する可能性はあります。

書道の師範免状が「無価値」は常識

師範免状含む段級などは書道業界で無価値です。
そもそも、書道教室を開業するために「師範免状」は不要です。
(公的資格と思われがちですが「硬筆・毛筆の書写技能検定」は民間資格)
ただし、段級や師範免状を参加者のモチベーションに活用することは賛成です。
ちなみに、うどよし書道教室では「和様の書展」の外部審査員や来場者の評価は一定の基準になると思います。

競合調査をして開業エリアを決めよう

さて、書道の先生にはいつでもなれるので、重要な開業する場所を考えましょう。
ここで全てが決まってしまいます!
グーグルのマップ機能を使って開業候補地で「書道教室 (エリア名)」を入れて検索すればすぐにわかります(上記地図は、うどよし書道教室の周囲です)。
便利な時代ですが、ライバルも同じように検索して穴場を探しています。

エリアの最大書道人口を算出しよう!

開業予定エリア(市区町村や駅の乗降者数など)で人口を調べます。
仮に、書道需要を0.1%とした場合、エリア人口×0.1%で「最大書道人口」が算出されます。

最大書道人口=エリア人口×0.1%

「最大書道人口」は最低でも50以上はほしいところです。

最大生徒数=最大書道人口-競合教室の生徒数

従来の書道教室は「近所の通いやすい教室」に通う傾向が強いです。
和様のような特徴があるスタイルの場合は、1時間圏内なら通う方がいますので、エリアを広くとってもいいと思います。
普通の定食なら近所の店で済ましますが、話題のお店なら遠くの店に行けちゃう心理と同じです。

順位 都道府県 人口 0.1%の最大生徒数
1 神奈川県 横浜市 3,731,293 3730人
2 大阪府 大阪市 2,702,033 2700人
3 愛知県 名古屋市 2,304,794 2300人
45 山口県 山口市 197,261 197人
46 鳥取県 鳥取市 192,658 192人
47 山梨県 甲府市 192,325 192人

【逆算式】「いくら稼げるか?」より「いくら稼ぐ必要があるか?」


皆さんが興味のあるお金の話、「月謝」を決めましょう。
月謝は、そのエリアの相場の月謝にあなたの教室の付加価値を考慮すれば月謝が決まります。

あなたの月謝=エリアの月謝相場×付加価値(複数)

【付加価値 ※勝手なイメージ】
×~0.8 師範免状くらいしかない
×1 施設がキレイ
×1.2~ 3大書展の多数の入賞歴
×1.5~ メディア露出/見た目がよい
×1.7~ 3大書展の審査員レベルの役職
×2~ メジャーなタイトル揮毫(知名度)

付加価値がないと月謝で既存書道教室の下をくぐるしかありませんが、そうなると経営は厳しいです。
月謝が決まれば「最大売上予想」が算出されます。

最大売上=最大生徒数×月謝

ここで最大売上20万円以下の場合は諦めましょう。というわけではありません。
逆転の発想で、売上がいくら必要なのか?から逆算しましょう。
(つまり、月謝=x とした方程式を使います)

希望売上=最大生徒数×月謝x
→月謝x=希望売上÷最大生徒数

希望売上20万円、最大生徒数20人の場合は、
20万円÷20人=1万円 
月謝は最低でも1万円必要ということがわかります。
つまり、相場関係なく1万円の価値のある仕事をしたらいいのです。

安い月謝が生徒にとってよいとは限らない

生徒にとって月謝は安いほうが嬉しいと思うでしょ?
実は、そうではないのです。
以前、不動産屋に言われた話です。
「不動産って売価、賃料で似た傾向の住人が集まります。つまり、住人で不動産価値が変わります。」
書道教室も似たような傾向があるかもしれません。
経営面から考えると「10名×5000円」も「5名×10000円」も、売上は同じ5万円。
あまり詳しいことは書きませんが、よーく考えてみてください。

「既存の生徒を大切にする」の間違い

教室開業して数年が立つと長くお付き合いしてくれる生徒も出ます。
そこで「既存の生徒を大切にする」という考えは絶対とは限りません。
開業から数年で、先生の指導力は伸びます。
運営方法や指導方法をより良いものに変えべきです。
丁寧な説明をしても、不満を持ったり、退会する生徒もいるかもしれません。
そこは経営判断と割り切って、より良い教室運営に取り組んでください。

買収(M&A)の可能性もある

資金が潤沢にあれば、既存教室をそのまま買い取る(M&A)という方法もあります。
書道業界は相当な高齢化が進んでいますので、エリア内の既存の書道教室が廃業を検討している可能性はあります。
出資者として「会場を手配する」「経営をする」という参画方法だって、立派な書道教室の運営です。

「嘘合戦」では勝てない

悲しいのですが、ここまで最大の問題を避けてきました。

・経営力
・差別化

という問題です。
10年続けているので一定のノウハウはあると思いますが、「和様」だったということは大きいです。
注意してほしいのは、書道教室を開業すると「(海外の)賞歴を買いませんか?」「有名な場所で展示できますよ?」「日本の書家代表として書籍に掲載しますよ。」という誘惑が来るはずです。
このプロモーションで大成功している書道関係者がいるので誘惑されるかもしれませんが、やめたほうがいいです。
彼らは、まだ成功者がいない状態で「嘘合戦」に飛び込んだ猛者中の猛者です。
一般人のあなたが「嘘合戦」に参加しても、猛者&先行者の彼らと同じ世界ではしんどいと思います。
そして、失敗したら、ネット上にあなたの黒歴史だけが永遠に残ります。
王道のプロモーションのSNSや動画など使って積み重ねることがオススメです。

最後に…テレビに出たい!注目されたい!と言う人

「集客はどうしてるの?」、「メディアにどうやって出るの?」、「地方だとどうなると思う?」といった疑問があると思います。
私のような団体が生まれた事例がないので、私が気づいていない”起業”秘密があるかもしれません。
みなさんとお話する機会を作ることができたら、私自身も気付くかもしれません。
長文のお付き合いありがとうございます。

書道教室開業・運営 相談会

書道教室開業・運営 相談会」を企画しました。
新型コロナの自粛ムードで、習い事事情は一変しました。
しかし、「ピンチはチャンス」という言葉の通り、実は、最大のチャンスが到来しているかもしれません。

アンケート

追記:ご覧頂いた方から、ご要望があったのでアンケートを入れました。

記事の感想
  • Add your answer

都内で「開業前後の相談会」(少数制 1万円~2時間)に、ご興味がありますか?(本当に考えている人向け)
  • Add your answer

余談 「高い書道の技術があれば問題ない」と思う人は、技術を持ってないから、そう思うのです。
「芸術で食う」ことは、弁護士や医者などに比べて、遥かに難しいです。
「芸術で食う」ことのボトルネックは、成功確率の圧倒的な低さです。
つまり、自分が芸術で食える確率を上げることは大変重要だと思います。

2020/6/23 22,000ビュー超え。多くのアクセスありがとうございます。