第9回 ねこまつりat湯島

9月、2月に実施する「ねこまつりat湯島」

また「ねこまつり」の季節がやってきました。
ねこまつり全体の実施
2019年9月10日(火)〜29日(日)

「うどよし書道教室」の実施日

日時 9月14日(土)、16日(月・祝)、23日(月・祝)、28日(土) 各13-16時
内容 大人の塗り絵「なぞり描き」ワークショップ
題材 歌川広重「浅草田甫酉の町詣」
価格 1650円(税込)



今回は「歌川広重 浅草田甫酉の町詣」

浅草田甫酉の町詣(あさくさたんぼとりのまちもうで)と読みます。
原画は、浮世絵好きならずとも知っている人は多いと思います。
現在、本物を入手しようとしたら数十万円必要な作品です。
実は、浮世絵の価格は爆発的に値上がりしておりまして、もはや庶民が気軽に買えない状態です。

葛飾北斎の版画の代表作「富嶽三十六景」のうち、朝焼けに赤く染まる富士山を描いた「凱風快晴」が50万7000ドル(日本円でおよそ5630万円)、と、富士山を背景に荒波が船を襲う様子を描いた「神奈川沖浪裏」は47万1000ドル(およそ5230万円)で、それぞれ落札されました。
おととしには、より保存状態のよい別の「神奈川沖浪裏」が1億円余りで落札。https://www.nhk.or.jp/d-navi/sci_cul/2019/03/news/news_190320_3/

作例

 

 

今回は作例を動画で作ってみましたので、冒頭の動画もご覧ください。
7cmの正方形に、題材の世界観をギュッと詰め込んだオリジナル素材です。
作成後、額の枠の小窓から覗く、小さな浮世絵の世界をご自宅でもご鑑賞ください。

入店から作例まで載った動画

「もっと早くこういうの作ってよ」と言われそうですが…
最近、youtubeを再開したので、お許しください。


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。