生徒が筆字だらけの焼鳥屋をOPENした件

入谷(上野の北側)お店「かめや」さん

最近、飲食店で看板、メニューに筆字を使っているところが大変多いです。
理由に「美味しく見える」と言う売上につながる効果があります。
たぶん、そういうお店の筆字は、カスレも多く、デフォルメも派手です。
流行の最先端は「ハネ、ハライを真上に跳ね上げる!」みたいで、これがウケているようです。
そういう流行とは無縁のうどよし書道教室の和様なのですが、とうとう生徒が、うちの和様でお店をOpenしちゃいました。

店名「博多串焼 かめや」は、うどよし揮毫

「かめや」さんの店名は私が担当しました。
夜お店に行ったので、わかりにくいのでメニューの題字画像をどうぞ。



店内には丸っこい筆字がたくさん

こんなに丸っこい筆字があるお店は見たことがないので、自分の書を含めて、なかなか楽しめます。
時間がないのに一生懸命書かれた気持ちが伝わってきます(知ってるからかもしれませんが)。

食べ物ブログじゃないので

メインの飲食はこの程度にしておきます。

追記

なんか増えていくそうです。

スライドショーには JavaScript が必要です。


最後に「博多串焼 かめや」の地図を載せておきます。
URL https://kameya-hakatakushi.owst.jp/


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。