• HOME
  • 和様って?

和様って?

和様が素敵な理由

このサイトを見つけた人は、書道についていろいろ探してて「和様ってなんだろう?」と
興味を持って来た人が多いと思います。    
和様の最大の特徴は”読める日本語が筆で書ける”という点です。
こんな風にね。

   

現在の書道の世界では、賞歴で序列が決まります(段級、師範免許等は無価値)。
うどよし書道教室は、和様で
日本4大書展「産経国際書展」に入選しています。
(傘下団体より外部団体の方が難しいとされています。)
すでに和様は、従来の書道の基準でも評価を得るところまで来ています。
日本の伝統文化とされる「書道」ですが、明治時代に始まった新しい文化です。「書道」の言葉も明治後半誕生)
そのため、昭和中期までは「古い外国語(漢文)や古い日本語(かな)以外は認めない」という固定概念、偏りがありました。
そのため、今でも、日本の伝統の書の代表である相撲、歌舞伎、落語の筆文字が書道にないようなに、「和様」への取り組みも避けていた状態です。

実は、うどよし書道教室は、日本で海外のお客様が最も多く利用する書道教室の一つ。
和様の書道体験をされる外国人の方は、年間100名を超えます。
また、わよう書道会の主力団体として、年1回の公募書展「和様の書展」にも協力しています。
この書展は、海外含めて全国から応募があり、一般企業による1社1賞のガチ勝負の審査があります。

外国人の書道体験において「従来の書道」と「和様」を比較した検証動画です。
従来の書道は、とめ、はね、はらい等にこだわるため、肝心の筆字体験は1文字。
一方、和様は、日本語を書くことに特化しているため、複数文字の書道体験が可能です。
より多くの日本語を筆で書ける体験ができる和様だから、外国人に選ばれています。

うどよし書道教室では子供向けにイベント等でワークショップを行ない普及活動をしています。
これら外国人体験やワークショップを通じ、生徒に講師スタッフとして書道を教える場としても活用します。
入会1年から指導スタッフをする方もいますので、早期から「教える」経験を積めます。
(教室開業については「開業に必要なこと」など参照)
和様の需要の高まる2020年の東京オリンピック前後は、講師不足が懸念されていますので、多くのスタッフ経験者を育成することも今後の重要な取り組みになります。
もっと和様にできることが、たくさんあるのですが書ききれません。
書道教室に興味があれば「書道教室詳細」へ